1/700 海上自衛隊補給艦 AOE-425 ましゅう [CLONE]

19,440 
Price in points: _points_lowercase
FN001
Out of stock
Add to wish list
当店オリジナルのレジンキットです。主要なパーツはレジンで、この他にプラパーツ(ピットロードの「とわだ」に入っていた装備パーツ)、プリンター出力のデカールが含まれます。デカールは「ましゅう」の他に「おうみ」用の艦番号も入っていますので、上部構造物に小改造を加えることで「おうみ」も製作可能です。日本国内ではピットロード東名が代理店となりますので、最寄りの模型店様でもお取り寄せ可能です。

Manufacturer:
Fleetnet
キットを見て、まず最初にその大きさに驚かされました。
もちろん実艦のスペックは承知していますから、大きいであろうことは頭では解っていたのですが、実際にキットを目の当たりにしてみると、受けるインパクトは想像以上です。補給艦とはいえ、これだけ大きいとヘタな戦闘艦艇より迫力があります。
しかも、船体は中抜きされていない全くのムクなので、重さもなかなかのものです。
この大きさの船体がムクだと、少しばかり経年変化が心配になりますが。

あのサンガモンを製作した安芸製作所が注型しているだけあって、パーツの状態は良好です。
組立説明書も見やすく、組立そのものには、ほとんどストレスを感じません。

船体パーツには顕著なナックルラインが出ています。既存の海自艦艇キットの中で、これ程美しくナックルラインを再現したキットを見たことがなかったので、これだけでも感動させられます。

例によって給油ポストのホースはパーツ化されていないので、ビニールコード等で追加する必要があります。私の場合、「艦スペNO.17」で紹介されていた銅針金を使用しましたが、他にも使えそうな素材はありそうなので、いろいろ試してみるのも良いかと思います。

艦番号やヘリ着艦標識等のデカールが添付されていますが、全くのシート状になっているので、自分で切り出す必要があります。切り出す際にはなるべく余白を残したくないところですが、あまり細かく切り出すと、貼る際に苦労することになるので、ほどほどに。

なんにせよフリートネット様のデビュー作となるわけですが、次回作以降を期待させるに充分な好キットです。

余談ですが、先日模型店の店頭で見かけた本キットは、わたしが購入したものとは違って、ピットロード仕様の箱となっていました。一見すると、ピットロードさんの新製品のようです。
Write a review


Payment Method
■Credit Card
We accept payment via credit card of following brands.




■Paypal
We accept payment via Paypal.