クローズアップ! 1/700 英海軍軽巡 ナイアド編 (フライホーク)

1/700 英海軍軽巡 ナイアド」は、フライホークにとって艦船モデルのインジェクションキットとしては、デアフリンガーリュッツオウに続く第3弾となります。デアフリンガーでもモデラーを驚かすに十分な内容でしたが、今回のナイアドはさらに出来が向上しています。細部のモールドもくどすぎず、あっさりし過ぎずで、各部のパーツ精度も(仮組みした限りでは)良好です。
特に探照灯やパラベーンといった小さなパーツは、ファインモールドのナノドレッドシリーズを彷彿とさせる(ランナーの取り回しなども似ている)細かさです。さらに、甲板上の構造物はかなり一体成形が進められていて、モデラーのストレスを減少させています。
こういった一体成形は、金型の抜きの関係上、モールドが甘くなる部分が生じやすいですが、このキットではそういった部分は最初からエッチングパーツを使うことで補うという考え方の様です。
このページでは、できる限り各パーツのクローズアップ画像を掲載して、このキットの内容をご紹介したいと思います。なお、画像はありませんが、このキットにはエッチングパーツとカラーの説明書も付属します。

船体パーツと甲板パーツを会わせてみました。画像ではただ乗せただけなので若干の隙間が空いていますが、実際には軽く押さえればほぼ隙間は生じません。
  こちらは艦尾です。甲板パーツは船首楼の部分で前後に分割されています。こちらも殆ど隙間は生じません。

 
 こちらは艦首側面です。外板継ぎ目なども繊細に表現されています。
船体は喫水線付近で分割されていて、船底パーツもふぞくしますので、フルハルモデルに製作することも可能です。
 
船体側面です。舷窓の穴もシャープですし、もちろん装甲の段差も表現されています。

 
 こちらは構造物のパーツ群です。非常にシャープなモールドです。
 
 艦橋のパーツです。一部の窓が抜けているのがおわかり頂けると思います。

 
 同じく艦橋のパーツを上から見たところです。露天甲板に配置される双眼鏡なども、かなり細かなパーツで用意されています。
 
 艦橋のパーツを、その下の構造物の上に乗せてみました。この構造物の右端に、主砲が置かれます。

 
 同じく艦橋と構造物です。
 
 艦橋トップに設置される方位盤です。

 
 煙突は通常、左右に分割されていることが多いですが、このキットでは左右一体で成形されています。画像中央の細いパーツは、煙突の蒸気捨管です。
 
 このあたりに写っているパーツは、波切り、キャプスタン、アンカーなど主に前甲板の艤装品です。

 
 給気筒は口の部分が軽く窪ませてあります。
 
 主砲である13.3cm高角砲を制御する、高射装置です。天蓋のフード部分の表現も秀逸です。

 
 探照灯です。探照灯本体と支持架の間の部分も、きちんと抜けています。
 
画像左側がボートダビットで、右側にあるパーツはポムポム砲の弾薬箱です。

 
 このパーツは何だろう・・・すいません、分かりません。
 
 棒状のパーツは、スポンソンの支柱です。

 
 ライフラフトです。かなり繊細なモールドです。
 
 ポムポム砲のパーツです。銃身もかなり細いです。

 
 こちらはパラベーンのパーツです。
 
 フルハルモデルにも製作可能なので、もちろんプロペラのパーツも付属します。

 
 主砲の13.3cm高角砲の砲塔です。
 
同じく13.3cm高角砲砲塔の背面です。

 
 短艇や魚雷発射管です。
 
 これは甲板上に設置されるリールです。

 ご購入はこちら